全身脱毛の仕組み

どのように全身脱毛の仕組みはなっているのでしょうか?ここでは、女性がもっとも多く現在体験していると考えられるフラッシュ脱毛のケースについてご紹介しましょう。
フラッシュ脱毛というのは、脱毛エステサロンの多くが現在採用している、効果のある安全な脱毛であると言われています。
簡単に言えば、仕組みは、脱毛したい箇所に強いカメラのストロボを当てて毛根を壊してしまう、というようになっています。

この脱毛は、無駄毛のメラニン色素に強い光が反応するために可能なもので、肌に光が当たる際、痛みを多少感じたり、熱を感じたりするのはこのためです。
そのため、毛質が硬くて太い場合、あるいはメラニン色素が皮膚に多い場合などは、そうでない場合と比較して光を当てた際に多少の痛みや熱を感じるようです。

光を当てる場合には熱をかなり当てるようになるので、施術する前は脱毛したい箇所に冷たいジェルを塗って、施術した後はジェルを取り去って肌の冷却が必要になります。
また、全身脱毛は光を部位ごとに当てる施術になるので、脱毛エステサロンのプロのスタッフが左右交互にわけながら全身の部位にジェルを塗って、手早く光を当てて冷却することを行っていきます。
毛の次の生え変わりの周期が数か月後に来るため、肌の保湿をそれまで注意して過ごします。
このように、全身脱毛は必要な部位に同じ過程を何度か繰り返し行っていきます。
本サイトでは、注意を細かく払う、部分的に残したい、についてご紹介します。



Copyright © 2014 どうなってるの?全身脱毛の仕組み All Rights Reserved.